輸入物のドッグフードは安全か?

最近は海外物の輸入品ドックフードをよく見かけます。
業者がこぞってドッグフードを輸入するわけは、単に安いからではありません。
実際に店頭で売られている価格を見ると、国産の昔からあるドッグフードよりも海外ブランドのほうが高い場合がほとんどです。
日本人は、衣服や装飾品以外の雑貨や食品については海外のほうが安いから輸入する、と考えがちですが、ドッグフードにおいてこの認識は誤りです。

実は日本のドッグフードは海外に比べ遅れており、海外、特に欧米のドッグフードの方が安全面について高い評価を受けているのです。
海外物と日本のドックフードには決定的な違いがあります。
それは法律上、日本のドッグフードは雑貨扱いであるのに対し、海外のドッグフードは食品に分類されているということです。
こう聞くと、海外のドッグフードは試しに食べてみることができそうですが、日本のドッグフードは口に入れるのをためらってしまいそうです。

もちろん国産の商品の品質が悪いということではありません。
しかし法令で守られている海外のドッグフードは、人が食べられないような部位の原料は使っていない、という前提が法律で守られています。
欧米のほうがドッグフードに対する意識が高いのです。

そのため、最近は日本国内ブランドのドッグフードでも、中身は欧米で製造された製品というものがたくさん売られています。
パッケージ以外の中身だけを直接買い付けているので、製品そのものを丸ごと輸入しているドッグフードよりも安価に購入することができておすすめです。
飼い犬の体調や食いつきが悪いと感じている人は、安全面に優れた輸入物のフードをぜひ与えてみてください。

トップに戻る