糖尿病の犬に与えるドッグフードは?

人間と同じように、犬も糖尿病にかかることがあります。
糖尿病になると血中糖度が高まりますので、そのせいで肝臓に負担がかかり全身状態が悪くなったり、体に十分な栄養がいきわたらず痩せてしまったり、白内障が進んで目が見えなくなってしまったりすることもあります。

犬の場合は生活スタイルだけでなく、性別や犬種によって糖尿病になりやすい犬と、なりにくい犬がいることがわかっています。
糖尿病にかかりやすい犬種が肥満体になると、さらにリスクが倍増します。
日ごろから、食べ過ぎや運動不足に気を付けて、規則正しい生活をさせてあげるのが飼い主のつとめです。

それでも愛犬が糖尿病にかかってしまったとき、対応策として考えられるのはインスリン投与と食事療法です。
糖尿病はインスリンの働きが阻害されるために起こるので、獣医さんの指示に従い不足したインスリンを皮下注射で投与してやることになります。
そしてもう一つの食事療法は、飼い主が率先しておこなう治療法です。
急激に血糖値が上がらないように、一度に大量に食事をさせるのをやめ、糖分の多い食品やカロリーの高い食べ物を控えるようにします。
適度な運動も必要です。

このとき、糖尿病用のドッグフードがありますのでこちらに切り替えたり、ふだんのものに混ぜたりして使うとよいでしょう。
糖尿病用のドッグフードは血糖値が急激に上がらないように考えて作られており、ビタミンやミネラルも配合され、肥満にも効果があります。

トップに戻る