ドッグフードの安全性はどこで判断する?

ドッグフードを購入しようと店舗に出向いたら、その種類の多さに驚きます。
メーカーも価格も様々ですし、パッケージに書かれている特徴も様々です。
私たちは犬と味覚も必要な栄養素も違うため、想像で犬にとっておいしいドッグフードを選ばなくてはなりません。
そして、作っている過程を見ることができないため、パッケージやホームページから安心で安全なドッグフードを探さなければなりません。
では、何を基準にどのようなものを選べばよいのでしょうか。

まず、最も安心安全な食事と言えるのは手作りのものです。
手作り食は私たちの食事と同じ食材から作ることができます。
自分の目で素材を確認し、自分たちが食べるものと同じものを与えるので素材の面では安心できます。
ただ、カロリーや栄養素の計算が面倒であったり、与えてはならない食材への配慮など面倒な点もあります。
そして、常に手作り食を用意できないことがあるのもデメリットです。
私たちも日常の中で『今日はご飯を作りたくないな』と思いコンビニやスーパーでお弁当を買うこともあります。
体調不良や時間がなく手作り食が用意できないだけでなく、災害時やペットホテルに預けるときは手作り食を与えることができません。
このような時のために、安心して与えられるドライフードも常備しておく必要があります。

では、安心安全なドッグフードとはどのようなものでしょう。
まず、必ず価格や品質表示を確認しましょう。
あまりにも価格が安いものはやはり、良い原材料を使用していないものが多いです。
そして、添加物が多いものも注意が必要です。
原材料が粗悪であったり、人間への使用が禁止されている添加物が使用されている可能性があるためです。
あとは、賞味期限があまりにも長いものも避けましょう。
やはり、価格が高くなればなるほど安全性は高まります。
しかし、毎日のことですから購入が続けられる価格の中から安心できるものを選ぶようにしましょう。
以上の点で問題がなく、価格と内容とで満足できるものを選んであげることが大切なのです。
知っておきたいドッグフードの種類についてもチェックしておきましょう。

トップに戻る