安全性

ドッグフードでダニを防ぐ

犬を飼うときに気になることの一つにダニのことがあります。
ダニは外で飼う大型犬だとどうしても繁殖してしまいがちです。
そして、その対策には駆除剤しかないと思いがちです。
しかし、実際には他にもさまざまな駆除方法があるのです。

まず、ハウスダストのほとんどがダニが原因と言われています。
犬に付着しているのも原因の一つですが、犬が室内に落としたダニやその卵、フン、死がいもアレルギーの原因となります。
ハウスダスト1グラムの中にダニは数千匹も住んでいると言われています。
ダニを減らす方法として挙げられるものに、殺虫剤やブラッシングがあります。

殺虫剤にはさまざまなものがあり、含まれる成分も様々なです。
農薬と同じような成分のものは強いので効果も高いですが、愛犬への健康被害も心配です。
天然成分で作られているや、誘引剤のようなダニの好きなにおいで集めるものもありますが、やはり効果が弱くなります。
安全で効果の高い殺虫剤はなかなかないのです。

ブラッシングをする際に、ふつうのブラシだけでなく、ダニ取り用のものがあります。
ダニや卵をとるため目が細かくなっており、ものによってはダニをキャッチするパーツもついています。
繁殖を防ぐには卵を減らすことが一番です。
また、薬品を用いないですし、室内や洋服に抜け毛をつけないので安全且つ有効な方法です。
ただし、ノミ取り用のブラシは先がとがっているので愛犬の体を傷つけないよう、気を付けて使う必要があります。

もちろん、ドッグフードでダニ対策をすることもできます。
それは、ダニが嫌うハーブを配合したドッグフードです。
ハーブのドッグフードであれば、愛犬が食べても問題ない天然素材を用いているので安心して与えられます。
ただし、これも天然成分を用いていますし、体内からのケアですからこれだけで完璧にダニを防ぐのは難しいです。
同様にダニが嫌うハーブで作ったノミよけスプレーを用いるのも有効です。
あとは、こまめにブラッシングをしたり、シャンプーをしたりしてノミを増やさないよう日ごろからきをつけてあげましょう。