安全性

外国産のドッグフードは大丈夫?

人間の食事では、外国産よりも国産のものが安全と言う認識が強いです。
しかし、ドッグフードでは国産のものよりも外国産のメーカーのものの方が多く取り扱われています。
果たして外国産のドッグフードを食べても犬の健康は守れるものなのでしょうか。

まず、日本は外国のペット文化に後れを取っていることを知っておくべきです。
外国は日本よりも早くから、ペットを家族の一員と考え大切にしてきました。
そのため、法律の規制も外国の方が厳しく設けられています。
これは、フードに関する法律も同様です。
使用できる添加物の種類や量は外国の方が厳しいのです。
日本では使用できる添加物も外国では使用が禁止されている例もあります。
そのため、外国産のものは安心と考えることができるのです。

また、外国の方が犬の健康に関する研究も進んでいます。
そのため、アレルギー対策や肥満、その他の病気にも対応できるようフードの種類が豊富です。
もしも、愛犬に普通の食事を与えるのが難しい場合には外国産のフードを探すと合ったものが見つかる可能性が高いです。

このように、外国産のものは安心して食べられるのですが、一つだけ気を付けるべきことがあります。
それは、商品の品質が劣化している可能性があることです。
輸入の際に、きちんと温度や湿度が管理された環境で運ばれれば問題ないのですが、そうでない場合があるのです。
並行輸入品と書かれた商品は、食品に限らず様々な荷物を乗せて運ばれます。
温度管理の必要のない荷物と一緒に運ばれていると、高温や多湿により品質が劣化する可能性があるのです。
また、到着後の荷物に殺虫剤が散布されるときもあります。
これも、中の品質を劣化させる可能性がありますし、犬の体内に殺虫剤が入るのも危険です。

それに対し、正規輸入品は温度や湿度の管理、航路の調整をして品質管理が徹底されています。
そのため、並行輸入品に比べ品質は維持できており安心して愛犬に与えられます。
外国産のドッグフードを購入する際には正規輸入品を選ぶようにしましょう。