安全性

ペースト状のドッグフードのメリット

ドッグフードコーナーに行くと最も多く取り扱われているのはドライフードです。
固形で粒上のドライフードのドッグフードにはメリットがたくさんあります。
まずは、保存がしやすく賞味期限が長い点です。
そして、食べたものが歯に詰まりにくいため、虫歯や口臭を防げます。
さらに、しっかり噛んで食べることで歯や顎を強くしたり満腹感が得られます。
このような点から、ドライフードのドッグフードが最も多くの犬に与えられているのです。

ドライフードが一般的な人間の食事だとすると、これをすべての人が食べられるわけではありません。
病気の時はもちろんですが、赤ちゃんや老人になっても同じ食事を食べ続けるのはむずかしいものです。
これは、犬にも当てはまります。
犬も産まれて半年頃までは母乳や離乳食を食べます。
そして、7歳ころからシニア用の食事へと切り替えていきます。
離乳食やシニア用では、ドライフードのまま食べられないため、水分量の多い食事になります。
ドライフードをふやかして与えるのも一つの方法です。
ほかにも、ドライフードに似た粒上のものでも水分を多く含んだセミドライタイプや、缶詰のペースト状の食事もあります。

水分量の多い食事は柔らかく食べやすくなっています。
そのため、歯が育っていない幼犬や噛む力が弱まっている老犬には食べやすいのです。
また、あらかじめ柔らかくされていることで消化がしやすく体への負担も少ないです。
さらに、食事をしながら水分が摂取できるので、脱水症状を予防できます。
このように、ペースト状の食事は老犬にとってとてもありがたいものです。
もちろん、体調を崩した成犬が回復食として食べることも有効です。
味に変化を持たせるために、元気なのにフードへの食いつきが悪い時にドライフードに混ぜるのも有効です。
ただし、ペースト状のフードは歯に食べかすが残りやすいため、歯のケアだけは気を付けなければなりません。
歯石がたまると口臭の原因となりますし、虫歯もできます。
どちらの治療も多くが麻酔をかけての大がかりの手術となります。
そうならないためにも、歯磨きをまめにしてあげましょう。