オーガニックドッグフードのメリットは?選ぶ際の注意は?

近年「オーガニック」「有機栽培」というような農薬や添加物を含まない食材に注目が集まっています。
ペット業界にもオーガニックの流れは来ており、安心、安全なものを愛犬に食べさせたいとオーガニックドッグフードが人気です。
オーガニックドッグフードがなぜおすすめなのかというと、人口添加物や着色料、保存料、香料が使われていない事です。
中には残念なことに粗悪なドッグフードもあり、犬の健康に影響するような添加物や、かさましのために、とうもろこしや小麦等の雑穀が大量に含まれているものもあります。
雑穀は消化が困難なだけでなく、アレルギーを発症する恐れもあるので注意が必要です。
犬は本来、肉食なので、高たんぱくの食事が基本です。

しいてオーガニックドッグフードのデメリットを挙げるとすれば、価格が高い、消費期限が短い、保存に注意が必要ということでしょうか。
しかし、安全で新鮮な材料が使われている、保存料が使われていないのであれば少々値段が高く、消費期限が短くても愛犬の健康にかえることはできません。

オーガニックドッグフードを購入するときに知っておきたいのが、はっきりとした定義がないということです。
中にはオーガニックと表示されているにもかかわらず、材料の一部が無添加でその他の材料には添加物が含まれていたなんてこともあるのです。
オーガニックと表示されていても原材料を確認すると良いでしょう。
選ぶ際のポイントは新鮮な肉が主原料で、穀物不使用、無添加のドッグフードだということです。

トップに戻る