安全性

ドッグフードでダイエット

犬にも個性があります。
食べ物の好き嫌いや、消化の得手不得手、アレルギーなど食事の配慮が必要な場合があります。
同様に、運動が好きな子もいれば、嫌いな子もいます。
そのため、犬によって同じ食事を与えても、体の変化は様々です。
特に、運動が苦手であったり、避妊や去勢手術をしていると体重が増えやすい傾向にあります。

運動量が多かったり、太りにくかったりする場合には、食べる量を増やしたり、カロリーを増やせばよいので対策は簡単です。
問題は太りやすい子の場合です。
食べる量を減らすとお腹がすいてイライラしてしまったり、ごみをあさったり拾い食いをしたりしてしまうこともあります。
そのため、満腹感を感じさせつつダイエットさせる必要があるのです。

これにとても有効なのがダイエット対策のドッグフードです。
ダイエット対策のドッグフードも最近では様々なメーカーからいろんな種類が出ています。
目的に応じたフードもでているため、それに合わせて購入することができます。
避妊・去勢をしたために太りやすい犬用であったり、ダイエット用であったり、太りやすい子の体重維持用などがあります。
基本的にどれも、満腹感を得やすかったり、カロリーがカットされていたりします。
脂肪はカットしつつも必要なたんぱく質や他の栄養がきちんととれるので、健康的なダイエットができます。
人間同様に、犬も無理なダイエットをすると、皮膚や毛並みにトラブルが出てしまいます。
ですからこのように、きちんとカロリーと栄養とが管理されたダイエット食を与えることで、健康的にダイエットができるのです。
アレルギー対策のドッグフードについても参考にご覧ください。

ダイエットフード自体、普通のドッグフードよりも価格が高めです。
これは、カロリーカットや使用素材の工夫などの点から致し方ないものです。
しかし、中にはとても普通のフードよりも安いダイエットフードもあります。
そういったものは、使用している原材料がどのようなものかきちんと確認しましょう。
大豆ミートが使用されていたり、たくさんの添加物が使用されているものは健康被害の心配があります。
ですから、これらが使用されているものは極力避けましょう。
ドッグフード食後すぐの運動についても参考にご覧ください。